2012年04月15日

4/15 椿さんの畑体験

一日雨ふりだった土曜日、
千葉、香取の椿さんの畑に行ってきました。

前回植えたジャガイモの芽がでてきたのですが、
マルチの穴が新芽の出ている部分とずれてしまっていたので、
芽にあわせて穴をあける修復作業。

作業をしているうちに、雨が暴風雨になってきましたよ〜!台風
なので写真撮れず…ふらふら

その後、ビニールハウスでナスの苗をポットに移し替えました。

かぼちゃの苗もこんなに大きくなったよ!CA3J02850001[1].jpg

その後、ビニールハウスで育った春菊をたくさん収穫!

引き続き、外は暴風雨でしたが、つくしがたくさんはえている場所があるからと、
近くの野原に連れて行ってもらいました。
本当につくしがたっくさんはえてます!
ほかにもあさつき、よもぎ、からすのえんどう…、宝の山だ…。
天気のことも忘れ、みんなで一心不乱に野草摘み開始。
CA3J02870001[1].jpg

体が冷えてきたので、野草摘みを中断して、お昼にしました。
椿さんのお母さんが、おいしいごはんとお味噌汁、おかずもたくさん用意してくれていました。

CA3J02910001[1].jpg
↑ずいきの煮物。こんなにりっぱなずいき見たことない〜!
自家製ずいきだそうです。秋にはずいき作りもやろうね〜と椿さんのお母さん。
楽しみだ〜ハートたち(複数ハート)

CA3J02930001[1].jpg
↑具がたっくさんのお味噌汁、きくらげ入りでこりこりして美味しかった。

CA3J02920001[1].jpg
↑自家産ねぎの酢味噌ぬた
絶品!

CA3J02950001[1].jpg
↑自家製たくあん。これも最高…

おいしいごはんをたくさん食べて、パワーチャージ!
そのあとは椿さんとまったりお話をして、
お土産もたくさんもらって帰ってきました。

5月初めに植える稲の苗もすくすく育っていましたよ。
でも今年は寒くていつもより仕事が10日ほど遅れているそうです。
早く仕事したいのに、なかなかうまくいかないんだよと椿さんがおっしゃっていました。

楽しい楽しい畑体験、参加者まだ受け付けています。
ご興味のある方ぜひコチラをみてご検討してくださいね!
こんなお得企画はほかにないと思います!


藤田




posted by お店スタッフ(*^-^*) at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフの農業体験記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

手づくり糀で味噌作り

こんにちは、おむすび茶屋ですわーい(嬉しい顔)
先日、お店をお休みさせてもらって、スタッフ全員で味噌作りをしてきました。
今日はその様子をお伝えしますよ!


上野から電車で2時間半かけてやってきました!栃木・大田原。
2012_0212_133509-DSC01959.jpg


お米を送ってもらっている栃木・大田原の水口さんのところに味噌加工場があり、
そちらで糀から手づくりしました。
お店で使うお味噌250キロを仕込みます。


【原材料】
●米(水口さんの)70キロ
●大豆(水口さんの) 65キロ
●塩(阪本さんの)  30キロ


すごい量〜!!
すべて顔の見える生産者のお味噌!贅沢だ〜


【手順】

●前日10時 米を研いで水に漬けておく↓
この青い袋1袋に10キロの米が入っています
2012_0214_055706-DSC02003.jpg


●一日目
お米の水を切り、蒸し器で50分蒸す↓

2012_0214_055711-DSC02004.jpg

これ蒸し器↓
2012_0212_141159-DSC01962.jpg


●蒸した米を作業台にあけて、人肌程度に冷ましてから、
糀菌をふりかけて、全体によくまぜる↓
(茶色い粒っぽいのが糀菌)

2012_0212_141835-DSC01967.jpg

みんなで混ぜる
2012_0212_142052-DSC01968.jpg


●混ぜたものをコンテナにいれ、糀室に入れる↓
麹室は温度を35〜42度ほどに保ち、
糀菌が元気に活動できるようにします。


糀室の温度は2時間おきごとに確認して、
(夜中も交代で見に行く!)
温度が下がりすぎたり、上がりすぎたりするとダメなのです。

2012_0212_142909-DSC01973.jpg



●大豆を洗い、水に一晩漬けておく↓
量が多いから計るのも洗うのも大変なのよ。
2012_0212_145105-DSC01974.jpg
2012_0212_152124-DSC01976.jpg


●二日目
水に漬けておいた大豆を蒸す

(茹でると茹で汁に大豆のおいしい成分が出てしまうので、蒸したほうがおいしい)
蒸し器から湯気が上がってから2時間蒸す↓
2012_0213_135644-DSC01992.jpg


蒸した大豆はほくほくで栗みたいな味!これだけでもうんまい!↓
2012_0213_113843-DSC01987.jpg



●蒸した大豆をつぶす↓
2012_0213_131129-DSC01989.jpg

うにょ〜ん。楽しい〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
2012_0213_131135-DSC01990.jpg


●また、
二日目の朝と晩と2回、
糀の切り返しをする
(作業台に移して、手でこすり合わせながら糀をほぐしてあげる)↓


徐々に糀独特の甘い香りが強くなって、
お米全体に糀菌が回ってきているのが分かる〜!
お米がほんのり温かくて、糀菌で手もつるつるぴかぴか(新しい)

2012_0214_062352-DSC02009.jpg



●三日目
朝、糀が完成!↓

2日弱かかるのです
フワフワしたのが「糀の花」とよばれるもの。
感動的〜!やった〜!!
2012_0214_060652-DSC02007.jpg


●出来上がった糀と塩、ミンチ状にした大豆をあわせて、
樽に詰めていきます。↓


樽をもっているのが水口さん。
このかくはん機はセメントを混ぜる用のかくはん機をつくっているメーカーに、
味噌作り用として加工して作ってもらったものだそう
2012_0214_065713-DSC02014.jpg

みんなで味噌玉にしているところ↓
2012_0214_064635-DSC02013.jpg

樽に詰めていく↓
2012_0214_064620-DSC02012.jpg


梅雨があけた7〜8月に一度天地返し(中身の上と下を入れ替える)をし、
早くて11月ころから味噌として食べられます。

出来上がりが楽しみ!!



【おまけ】

作業と作業の合間に、黒焼き玄米を作りました。
黒焼き玄米の作り方は、
熱した土鍋にもみつき玄米を入れ、
1時間半から2時間、ひたすら炒り続ける。

もうもうと煙が出ても、涙を流し、むせながら混ぜつづけるのです!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
やっぱり手をかけて作ったものは愛着がわきますね黒ハート

黒焼き玄米を炒る以前に、火をおこすのがまず大変!
火をおこせる人を尊敬するわ〜

2012_0213_092425-DSC01982.jpg
2012_0213_094746-DSC01983.jpg
2012_0214_122947-DSC02018.jpg


最後にみんなで記念撮影↓
2012_0214_125238-DSC02020.jpg

朝から晩までよく働くお父さんとお母さん、おばあちゃん。
今回の味噌作りで色々お話出来てよかったです!
また行きま〜するんるん

posted by お店スタッフ(*^-^*) at 13:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフの農業体験記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

2/4 千葉の椿さんのところでお味噌作り

椿さんのところでお味噌作りをしてきました。

2012_0204_103232-DSC01828.jpg

大豆を茹で


2012_0204_095428-DSC01824.jpg

ミンチ状にし、
(餅搗き機の刃を替えて、ミンチ状にしています)


2012_0204_095434-DSC01825.jpg

麹(今回は五分づき米の麹です)と阪本さんの塩と、
つぶした大豆をよく混ぜます


2012_0204_101159-DSC01826.jpg

丸めて甕に入れていきます。
あとは半年から一年まてばお味噌ができます!


2012_0204_091715-DSC01818.jpg

しゃもじがかわいい


2012_0204_103250-DSC01829.jpg

お母さんから塩蒸ししたさつま芋の差し入れ
おいしい!


2012_0204_094618-DSC01823.jpg

自家製落花生を七輪で炒るお父さん。
炒りたて落花生は最高においしい!


2012_0204_122802-DSC01832.jpg

豪華な昼食をお母さんが用意してくれました!!
おいしかった〜!(朝から食べ続けています…)


2012_0204_144148-DSC01833.jpg

昼食後、温室につれていってもらいました。
この藁のなかに、蒸したおこめと麹菌をいれて、麹をつくります。
2日ほどでできるそうです。


2012_0204_150907-DSC01837.jpg

お母さんの手。
草取りをして、右手の人差指と中指が曲がっています。
働き者の勲章!つよくてうつくしい手!


2012_0204_151035-DSC01838.jpg

いつも仲良しのお父さんとお母さん。
本当にありがとうございました!
ゆっくりお話しできてうれしかったです。




(藤田)
posted by お店スタッフ(*^-^*) at 09:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフの農業体験記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

水口さんちでたくあん作り!

12月17日、
先月27日に掘って干しておいた大根で、
いよいよ沢庵作りが行われました♪
(大根掘りの様子はコチラ!)
とっても寒い日でしたが、お天気には恵まれ、気持ちのいい快晴!

水口さんから沢庵の漬け方を教えて頂きます。
takuann2.jpeg
米ぬかと塩、ちぎった昆布、柿の皮、唐辛子をよく混ぜます。
takuann3.jpeg
大根を水で洗い、ぬかを全体にまぶします。よく濡らすのがポイント!
takuann4.bmptakuann5.bmp

樽にぬかを敷き、大根を隙間なく詰めていきます。
一段ごとにまたぬかを入れ、大根を詰め…を繰り返します。
きっちり詰めていくのが思ったより難しいのです!
takuann6.bmp

あとは重しを乗せて待ちます。
一ヶ月後くらいから食べられるそうです。
美味しく出来てるかな…とっても楽しみです!(*^_^*)

作業後はお楽しみのお昼ご飯です。
takuann7.bmptakuann8.bmp

水口さんちのご飯はほんとに美味しいのです…。
ああ幸せ〜

手間と時間をかけ愛情を込めて作ったものはやはり一味も二味も違いますね。
水口さんちのお米や野菜を頂くたびにつくづく実感するのでした…。
貴重な体験をさせて頂いてありがとうございました!


(スタッフ中西)
posted by お店スタッフ(*^-^*) at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフの農業体験記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

たくあん用の大根を掘ってきました@栃木の水口さんち

11月27日、
栃木県大田原市にある水口さんの農場で、
沢庵作りのための大根掘りが行われました。
当日はとってもいい天気!大根掘りにうってつけの一日でした。

MIZUGUCHI.JPG
水口さん

DAIKON.jpeg

DAIKON2.jpeg

DAIKON3.jpeg

DAIKON4.jpeg

洗い終った大根さん達です!
真っ白くてきれい!
これを二本ずつ藁で束ね、干します。
来月はいよいよ沢庵作り。出来上がりが楽しみです〜(o^^o)

DAIKON5.jpeg
これが楽しみ!水口さんの奥さんが腕をふるってつくってくれるお昼ごはん。

DAIKON6.jpeg
みんなでおひる。

たくあんづくり、12月17日土曜日に、栃木の水口さんのお宅で行います。
まだまだ参加者募集中〜るんるん
たくあん作ってみたい方、水口さんに会いたい方、奥様のおいしいごはんが食べたい方、
ぜひ一緒にいきましょう〜わーい(嬉しい顔)

たくあんづくり詳細とお申し込みはこちら
パソコンのかた
ケータイのかた

(中西)
posted by お店スタッフ(*^-^*) at 21:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフの農業体験記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。