2011年11月30日

玄米飯炊釜の炊き方講習会

11月21日の月曜日、お店が終わったあとに
陰陽ライフの花井さんに来ていただいて、
玄米飯炊釜の炊き方を教えていただきました。

玄米飯炊釜は、
陰陽ライフさんが、窯元に頼んで特別に作ってもらっている土鍋。
釜の内側が炭状になっていて黒いんです。
遠赤外線効果でふっくら、
釜がおひつの役割もしてくれるから、冷めてもおいしいexclamation×2
若杉ばあちゃんも大絶賛の釜なのです。

hannsuigama1.jpg
しかも、かわいいこの見た目!
職人さんがひとつずつ手づくりで作っているんです。

玄米を炊くのは、1時間ほど時間がかかりますが、
白米や雑穀米を炊くのは、なんと釜を火にかけて、
沸騰したら火を止めて、15分ほど蒸らしてできあがり。
ちょ〜簡単でめちゃくちゃおいしい。

お仕事の関係で、何百回、何千回と土鍋でお米を炊いていた花井さんも、
この釜で初めてお米を炊いたとき、あまりの美味しさにびっくりしたそうな。

炊いてみると、プチプチしていて、甘みがあってとってもおいしい。

hannsuigama2.jpg

スタッフ全員、自宅用に購入予定るんるん

お店には白米用の飯炊釜(5合用)しかまだないのですが、
玄米用を購入したら、この釜で炊いたごはんをお出ししますね。

hannsuigama4.jpg
花井さんとスタッフでぱちり。

陰陽ライフさん、この釜の他にも、今話題の塩麹の素を販売しているんですが、
それがまた超こだわっていて、いいんですよ〜。
有機米、野生の麹菌、自然塩でできた塩麹の素使用。すごい〜!
おむすび茶屋から歩いて10分くらいの「ガイア」さんでも販売しているそうです。

hannsuigama3.jpg

花井さんのブログ
(きちんとした性格が、ブログにも、取り扱う商品にもでています!
花井さん、お忙しいところどうもありがとうございました)

(藤田)
posted by お店スタッフ(*^-^*) at 21:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいごはんへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。