2011年11月06日

地和子先生のマクロビオティック料理教室

11/3、
スタッフの勉強会として、お店でマクロビオティックの料理教室が開かれました。
(この日は祝日だったので営業はお休み)

先生は大久保地和子先生。
取手の自宅で教室をされており、日本各地、海外からも生徒さんがいらっしゃるんです!
地和子先生のブログの料理の写真が、どれも夢のようにおいしそう黒ハートうっとり黒ハート


生徒は神保町店・早稲田店スタッフとメダカのがっこう事務局の田中さん。
あの夢のようなお料理を教えてもらって食べられると緊張と興奮気味のスタッフたち。

マクロビオティックの考え方、
野菜の切り方から、料理の基本的なポイント、
たくさん教えていただきました。

地和子先生「野菜ってとってもきれいじゃない?
その美しさとおいしさをそのままに引き出すように料理することが大事なのよ」


きんぴらも、切干大根も、調味料は塩とお醤油のみ
なのにとってもとっても甘くて野菜の甘さと味の深さにスタッフ感動ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

きのこの葛あんかけは、
シメジがまるでイカのように、エリンギがアワビのようにぷりぷりに

しっかり味がついていて、物足りなさもまったく感じない、
塩辛いとか醤油辛いということもなく、深くてやさしい味。
マクロビオティックって、シンプルだけど奥が深くて、おいしいなあ〜!

とっても勉強になりました。
お店のお惣菜、おむすびに活かせるよう、これからも毎日修行、勉強、精進だあー!

地和子先生、どうもありがとうございました。


ひじき蓮根.jpg
切干大根.jpgきんぴらごぼう.jpg小豆かぼちゃ.jpg蒸し里芋 きのこ葛あんかけ.jpg炒めない蓮根玄米チャーハン.jpg黒豆おむすび.jpgあんこ玉.jpg


posted by お店スタッフ(*^-^*) at 00:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティックの料理とお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。